トラック買取ならトラック高価査定実績No1の買取専門【トラックファイブ】にお任せください!

   
ホーム > Q&A > その他のご質問 > 豪雨や台風時に起こりうる車の冠水。どう対処すればいいのでしょうか?

よくある質問

お客様からよく寄せられる質問を、ここに見やすくまとめて掲載しております。

豪雨や台風時に起こりうる車の冠水。どう対処すればいいのでしょうか?

完全にエンジンが動かなくなってしまったら、まずは車の運転を止めましょう!

万が一、豪雨や台風時にトラックなどを運転していて、車が水没しエンストを起こしてしまったら…

考えるだけでも不安になってしまいそうですが、どのように対処するべきなのでしょうか?

 

まず、エンジンが全く動かなくなってしまった場合は、すぐに車を停車させましょう。

それからエンジンを切り、ドアを開けます。ドアを開け、足をおろして水深がどれくらいかを確認しましょう。

濡れるのはあまり気持ちがいいものではないかもしれませんが、命を落としてしまっては元も子もありません。

すぐに車外に出てしまうのではなく、足をつけて深さを確認をしましょう。

足回りの深さが確認できたら、地面を一歩一歩、確認しながら歩きましょう。

 

なぜこうして歩かなければいけないかとというと、浸水した際にマンホールの蓋が外れてしまっている可能性もあります。

蓋が開いているマンホールに落下してしまう危険性があり、落ちてしまうと下水に飲み込まれてしまい命を落としてしまうでしょう。そのために、一歩一歩確認して歩くことが必要になります。安全な場所まで来たら、ディーラーやJAFFに連絡をしましょう。水が引いてもトラックなどのエンジンをかけてはいけません。電気系統が破壊されて、感電する危険性もありますので止めましょう。

 

また、ドアが開かないときは窓から脱出をしましょう。

外側に背中を向けて、外に向かうと脱出しやすいようです。

窓から脱出が不可能な場合は、少し怖いかもしれませんが、胸から首あたりまで水が上がってくるのを待ちます。

そうするとドアのロックが解除できるようになるので、足でドアを蹴り脱出しましょう。

お電話から相談する

お客様の地域の担当査定員が丁寧にご相談にお答えいたします。

査定を依頼する

メニューへ