トラック買取ならトラック高価査定実績No1の買取専門【トラックファイブ】にお任せください!

   
ホーム > Q&A > その他のご質問 > トラックによってナンバーが異なるのはなぜ?

よくある質問

お客様からよく寄せられる質問を、ここに見やすくまとめて掲載しております。

トラックによってナンバーが異なるのはなぜ?

ナンバープレートには地域を示す文字の隣に車の種類を分けるナンバーがあります。

その中で、トラックには1ナンバーと4ナンバー・6ナンバーという二つの種類があります。
1ナンバーのトラックは普通貨物車に分類されます。
大きな枠の普通自動車というのは全長12m以内の車両でその中でも貨物に使われるものをトラックと呼んで、1ナンバーがつけられます。
一方、4・6ナンバーのトラックは小型貨物車に分類されます。大きな枠の小型自動車は全長4.7m以下です。
トラックは普通か小型かで上部のナンバーが別なのです。
1ナンバーのほうが大きいトラックな気がします。
8・9ナンバーは特殊な使い方をする小型自動車や特殊自動車です。
載積重量で分ける例も見られます。
一般的なトラックの種類は小型トラック(2t以下)・中型トラック(4tクラス)・大型トラック(10tクラス)・特殊トラック・トレーラなどです。
有料道路で車種によっての料金区分が異なる場合があります。

お電話から相談する

お客様の地域の担当査定員が丁寧にご相談にお答えいたします。

査定を依頼する

メニューへ